プロミスなら最短で今日に借りられる

今日借りたいぐらいに緊急でのお金のピンチとなってしまった際には、審査回答が最短30分と早く融資も最短1時間と業界内でも非常に早いプロミスのキャッシングを見ておくと良いでしょう。

 

今日にプロミスから借りる

 

プロミスなら手続きの進め方次第で平日も土日も今日中に借りられるようになっており、曜日を問わない最短即日融資の対応は多くのキャッシングサービスの中でも注目となっています。

 

ネットで申し込みから手続きが進められるため、忙しい方でも問題なく空いた時間にプロミス公式サイトから申し込みが始められるのも利点です。申し込み後に行われる審査の結果はネット申し込みならメールで届けられるので、仕事中であっても気がついたときには審査が終わっています。

 

審査の基準は昔の消費者金融から考えると厳しくなっていると言えますが、それでも安定した収入があり、他社での借り入れがあるとしても収入に対して多すぎないのであれば、プロミスの審査通過も十分に可能となります。

 

信用情報がクリーンに保たれていればさらに強くなるので、プロミスの審査といってもしっかりと正しく申し込みを行うのであれば、そこまで身構えることもありません。

 

平日に今日中にプロミスで借りる場合

曜日を問わずに最短即日融資も可能となるのがプロミスの魅力で、平日の借り入れなら来店不要の銀行振り込みで借りられるためにさらに便利となります。プロミスの店舗や契約機まで行かず、Web上での手続きだけでキャッシングの利用が行えるので、周りに見られずに契約や借り入れが可能となります。

 

平日14時までのWeb契約完了ならプロミスからの最短即日の振り込み融資も可能で、時間外となると翌営業日扱いとはなりますが、平日で時間の条件を満たせればその日のうちの来店不要融資も可能です。今日借りたいとなっても来店不要で借りられるのは、プロミスの大きな強みです。

 

ただ、Web契約で進める来店不要手続きには欠点があります。それは、カードの受け取りは後日の自宅宛の郵送となるので、どうしても家族に郵送物を見られてしまうリスクがあります。本人限定の郵便で届けられるために家族が勝手に受け取ることはありませんが、郵送物が届くこと自体が大きなリスクであるために注意が必要です。

 

プライバシーを守ってくれるプロミスでは差出人名はプロミスとはしていませんが、それでも郵送物を見られると家族に追求されてしまう可能性があるので、扱いには十分に気をつけておきましょう。

 

土日や祝日でも今日中に借りたい

銀行振り込みでプロミスから借りる場合には平日に限られてしまうため、土日や祝日ではプロミスの即日融資は利用ができないと考えている方も少なくありません。しかし、実際には土日や祝日でも対応が可能で、手続きの進め方を変えれば今日中に借りられるようになっています。

 

土日でも祝日でもプロミス自体は営業をしているので、まずネットで申し込みを行ってから近くのプロミス契約機まで行けば、その日のうちの手続きが可能です。契約機ならその場でカードが発行されるのでWeb契約時のように後日の郵送がないのも利点で、夜でも22時まで対応を可能とするプロミス契約機もあるので便利です。

 

今日借りたいときもプロミス掛川の契約機でも土日の手続きも可能であり、Web契約よりも時間に余裕を持って最短即日の借り入れが進められるため、急な出費でどうしても今日中に必要、今日中に借りたいといった場合には、契約機での手続きがプロミスの借り入れでは優れます。

 

契約機が設置されているプロミスの契約コーナーまで行かなければならない欠点はありますが、プロミスの契約機は多くの地域に設置がされているので、少し離れた契約機を利用すれば出入りを誰かに見られたとしても赤の他人である場合がほとんどのために問題とはならないでしょう。

 

平日もプロミス契約機は利用ができる

当然ではあるのですが、プロミスの契約機は土日や祝日のみの営業となるわけではありません。平日も同様に営業をしているので、Web契約による今日中の借り入れを可能とする14時を過ぎてしまっている場合や、契約後の郵送物が困るといった場合には平日でも契約機の利用が可能です。

 

プロミスの契約機を利用するのは抵抗がある方も、プロミスでは三井住友銀行カードローンのローン契約機を利用しての手続きも可能であるため、プロミスではなく三井住友銀行のローン契約機を利用しても問題ありません。

 

どちらを使うとしても手続きには違いはないので、平日も土日も祝日も早くに借りたい場合にはまずはネットで申し込みを行った後に契約機を利用すると良いでしょう。

 

借り入れ後の返済が進めやすい

プロミスで借りる利点は早さの面だけでなく、返済にも大きな良い部分があります。プロミスは金利が他の大手消費者金融と比べて上限で0.2%低くなっているため、同じ金額を他の消費者金融で借りるのと比べて僅かに利息負担が軽減できます。

 

また、プロミスは初回の契約時にメールアドレスを登録し、利用後の明細をWeb上で交付がされる無料サービスに登録をすることで、借り入れの翌日から30日間が無利息となります。

 

無利息となれば金利に関係なく利息が発生しないため、返済の負担も大きくなりません。どれだけ低金利のカードローンがあるとしても無利息期間内の借り入れはプロミスのほうが負担が軽くなるので、早さだけでなくお得にもプロミスは借りられるようになっています。

 

無利息期間経過後の毎月の返済も借り入れ残高に応じた約定返済金額で、大きな金額を借りなければプロミスの月々の返済は大きくなりません。少額の利用に留めると毎月に数千円ずつの返済でプロミスの早いキャッシングが利用できるので、毎月に多くの金額を返済に回せない方も、プロミスなら借りる金額を調整すれば無理なく借りられるようになっているのです。