借り換えを考えるなら

プロミスは借りたお金の資金使途は自由となっており、事業性資金としての利用でなければ用途は自分自身で決められるようになっています。ただしギャンブルなどの投機資金としては認められておらず、あくまで消費性資金や生計費の範囲内での自由となります。

 

普段の生活費としての利用はもちろん、レジャーや教育資金としての借り入れにも対応をしており、さらには他社からの借り換えにも利用ができるようになっています。ただ、プロミスは金利条件に優れるキャッシングサービスではないので、借り換えを行ったところで返済負担の軽減には大きな期待は持てません。

 

借り換えで返済負担を軽くしたいのであれば別の借り入れ先を考えてみるべきで、低金利の銀行カードローンは借り換えでまず候補に挙がるものとなります。しかし、銀行のカードローンは審査基準が厳しく、申し込みをしても借りられないといった場合も多々あります。

 

やはり審査基準で選ぶなら消費者金融となりますが、金利面がどうしてもネックとなります。ある程度の金利条件で妥協ができるといった場合なら、消費者金融の中でも借り換えに向いているとされるモビットの利用を考えてみると良いでしょう。

 

モビットは商品としての借り換えローンは提供をしていないものの、プロミス同様に自由な用途で利用ができるので、借り換えとしての借り入れも可能です。審査や融資も消費者金融だけあって銀行よりも早く、契約機が利用できるモビット札幌市での借り入れなら最短即日融資も可能です。

 

銀行振り込みで借りるとなると14:50までの手続き完了が条件となるなど厳しくなりますが、札幌市のように契約機の設置がされている地域ならモビットでの早い借り入れと借り換え利用も可能となるので、返済負担を軽くしたい借り換えを考えるならモビットを見ておくと良いです。

 

借りられるかは審査の結果によるため、申し込み内容によっては希望に添えない場合があります。ただ、それはモビットだけに限らずプロミスでも同様であり、どこで借りるにしても共通をしているので大きく気にすることではありません。